ウェブサイトと相互リンク

ホームページを作る上で重要な事は、集客力を持つサイトを造り上げると言う事で、SEO対策を行う事が重要とされています。 SEO対策には内部要因対策と外部要因対策の2つが在りますが、SEO対策の中でも外部要因対策と言うのは重要な要素を持ちます。 外部対策と言うのは、他のウェブサイトから自社サイトへのリンクの数やリンクの質を向上させる事であり、関連サイトからのリンクが多くなるほど検索エンジンからの評価を高め、上位表示が行われ易くなります。 また、外部対策では他のウェブサイトの協力も必要であり、自社サイトに張られたリンクが在る場合などでは、相手のウェブサイトにもリンクを張ると言った相互リンクを行う事もポイントになって来ます。 因みに、ホームページの中には相互リンク可能なサイトと言うものが在ります。 これはリンクフリーとなるもので、リンクを張る場合にはホームページの運営者に断ってからリンクをつけるのがマナーでもあり、勝手にリンクを張ってしまうと、相互リンクが禁止されているサイトも在るので注意が必要です。 尚、相互リンクが禁止されているとは言え、良質サイトからのリンクはSEO対策において有益となるものであり、断る事は無いのですが、外部対策は単に外部サイトからのリンク数が多ければ良いというものではないため、相互リンクを張る場合には事前に運営者に断ることが大切です。

相互リンクの種類

ホームページの中には相互リンクが多数張られているサイトが在ります。 相互リンクには大きく別けて2つの種類が在り、一つは相互と言う事からも2つのサイト間でお互いにホームページを紹介する目的で張られているリンクになります。 この場合は、どちらかのホームページの運営者が、リンクを張ることを希望し、リンクを張らせて貰ったお礼に、自社サイトにもリンクを張って貰うと言う協力し合う精神の下で行われるリンクです。 もう一つはナチュラルリンクとも言われているもので、自社サイトに張られたリンク、もしくは自社サイトから別のサイトに張られた片側だけのリンクになります。 例えば、ホームページ内に、「当サイトはリンク自由です」と言った事を記載しておくことで、リンクを張りたい運営者はそのサイトへのリンクを張ってくれるため、他のサイトからの訪問者数を増やせる事になります。 但し、相互リンクは勝手にリンクを張るのではなく、事前に運営者に断る事もマナーであり、勝手に張ると言うのはマナーに違反する事になりますし、ホームページの中にはリンクを張って貰う時には、リンク元のサイトの評価をチェックしてから行いたいと言う運営者も居る事からも注意が必要です。

被リンクと相互リンクの違い

ホームページを作成すると、同じようなことを書いているホームページやそれに関連したところ、自分の仲間がやっているサイトなどのリンクを貼って、自分のホームページを見てもらいながらも、このホームページにも行ってほしいという、相互で訪問客を共有するために行われるものを相互リンクと言います。相互リンクする場合には、実際にリンクを貼りたいホームページの運営者にお願いをし、認められれば双方でリンクを貼ることになります。 被リンクは相手側からリンクをされ、こちら側は相手をリンクしないという状況を指す言葉です。決定的な違いは相手側のホームページからリンクはされているけど、こちら側は相手をリンクしているか、していないか、この違いです。相手側がリンクして、こちら側がそうしない理由はいくつかあり、全くもって面識がなく、リンクをさせてほしいという連絡がない場合、どうもホームページで展開しているメッセージに疑問をもってしまった場合、こちら側から特定の人をリンクしないと決めている場合など様々ですが、被リンクの数が多いのはそれだけ多くの人に見られ、それでいて価値があると判断されていることになります。連絡なしにリンクするのは失礼な行為なので、そのあたりは気を付けるようにしましょう。

相互リンクによるSEOの効果

ホームページ間で互いにリンクを張り合うのが相互リンクです。ひと昔前、この相互リンクは盛んに行われていました。どのサイトにも相互リンク募集の表示があったものですが、最近はあまり見られなくなりました。相互リンクの効果が疑問視されるようになったためです。大手検索エンジンでは最近リンクの質を非常に重視するようになっており、とにかく何でもいいからリンクを集めればいいという時代はすでに終わっています。粗悪なリンクを集めると、SEOにプラスになるどころか、スパム判定されてマイナスに作用することもあります。ページランクの操作だけを狙ったような相互リンクは、スパム判定を食らう可能性が高いですから、あまり行わない方がいいです。万が一スパム判定されると、解除するために莫大な労力を必要としますから、やらない方が賢明です。しかしリンクがSEOで意味がなくなったというわけではありません。リンクは依然としてSEOにおける重要な位置を占めています。ただリンクの質が重要視されているのです。第三者が「このWEBページを紹介したい」と思って張る、自然なリンクがとても高く評価されます。これからのSEOでは、そういうリンクを集める必要があります。